2010年01月25日

追試実施は見送り=「インフル患者減少」−東大入試(時事通信)

 東京大は22日、2010年度一般入試では例年通り、追試験を行わないと発表した。新型インフルエンザの流行で、文部科学省や国立大学協会が追試など特例措置の実施を求めたが、東大は前期・後期日程の両試験で受験機会は確保できると判断。インフルエンザだけを理由に追試を行えば公平性確保の点で懸念があるとも指摘した。 

福島党首の4選決定=社民大会が開幕(時事通信)
<ハイチ大地震>緊急援助隊医療チーム 成田を出発(毎日新聞)
回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)
「オーシャンズ11を思い浮かべて」 警視庁、駐輪場荒らしの少年窃盗団摘発(産経新聞)
泣きながら「すみません」=再び「自白」のテープ再生−足利再審公判(時事通信)
posted by ナカハラ キヨカズ at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教研集会、山形で開幕=文科政務官があいさつ−日教組(時事通信)

 日本教職員組合(日教組)の59回目となる教育研究全国集会が始まり、23日午前、山形市内で全体集会が開かれた。全国から集まった教員らが25日まで3日間、26の分科会で教育・指導方法について報告する。文部科学省からは高井美穂政務官が来賓として出席し、あいさつした。
 高井政務官は来年度予算案に高校無償化や教職員定数純増を盛り込んだことを、政権交代の成果として紹介。「先生方がさらに研さんし、力量を高めることを期待している」と述べた。
 日教組は民主党の支持団体の一つで、文科省によると、同省で政務を担う国会議員が教研集会に出席したのは1951年の第1回以来となった。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
政権交代で再生可能に=日航更生法申請
「説明で納得」「何考えてる」=小沢氏対決姿勢に民主党員ら
日本の未来、8割「暗い」=自分については6割楽観

福島瑞穂氏「国民の信頼回復を期待」(産経新聞)
駐在所で長男、拳銃自殺か=高校1年、自室で死亡−岡山(時事通信)
自民・尾辻氏、鳩山首相に退陣要求=参院でも代表質問始まる(時事通信)
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為−埼玉県警(時事通信)
<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)
posted by ナカハラ キヨカズ at 04:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。